若い人になりやすい高血圧症

高血圧とは血圧が常時、高い状態のことを言います。
注意したいのは、1度や2度、血圧が高い数値を示したからと言ってそれは高血圧とは言えないと言うことです。
繰り返し、繰り返し血圧を計測しても、高い数値が計測される場合に高血圧と言う病態を当てはめることができ、そしてそれは高血圧症と呼ばれています。
そしてこの高血圧症は、主に2種類に分類することができます。
ひとつは、原因がはっきりとわからない本態性高血圧症、もうひとつは高血圧を引き起こしている原因がはっきりとわかっている二次性高血圧症です。
本態性の方は、遺伝的な体質や生活習慣、塩分の取り過ぎや飲酒、喫煙習慣、そしてストレスなどが関係していると言われています。
高血圧の状態がかなり進行しないと自覚症状があらわれにくいのが特徴で、日本における高血圧症の90%以上はこちらに該当するとも言われています。
二次性の方は、疾患が原因となって高血圧が引き起こされています。ですから、この疾患に対する治療に取り組めば自然と高血圧も改善されます。
しかし高血圧は生活習慣病のひとつであることから、自分の高血圧症は生活習慣が関係している本態性のものだと勝手に思い込んでしまい、治療が遅れるケースも少なくありません。
本態性、二次性、どちらも年齢問わず気をつけなければならないものですが、最近では若い人がこれらにかかることが増えています。
本態性の場合は、やはり若さ故に、どうしても自分の健康状態に気を配るのが難しいと言うことからかかる人が増えています。
20代や30代からこの症状が始まっていて、40代50代になってようやく自覚症状が出てくると言うことも少なくありません。
また二次性は、若い人で上の血圧値が170前後の場合、これであることが疑われるのですが、やはりそこまで詳しくは検査をしない、生活習慣のためだと思い込んでしまう若い人も多いようです。



ページトップへ