高血圧症治療薬と顔面紅潮メカニズムと食事療法

高血圧症とは血圧が140/90以上になった状態をいいます。日本人は近年生活が豊かになり、また食生活が欧米化してきているため生活習慣病が多く発生するようになりました。高血圧症もまた生活習慣病の1つです。高血圧症治療には早い段階から薬物治療が積極的に行われます。高血圧症治療薬としては、カルシウム拮抗薬、アンギオテンシン変換酵素阻害薬、アンギオテンシン受容体拮抗薬、β遮断薬、利尿剤などが使用されます。中でもカルシウム拮抗薬は血管を拡張させ高い降圧作用を示すため、目標血圧まで下げることが容易であるため、よく第一選択薬として使用されます。しかしこのカルシウム拮抗薬では副作用も現れます。その中の1つが顔面紅潮です。
ここからはこの顔面紅潮メカニズムについて説明します。顔面紅潮メカニズムは簡単に言うとカルシウム拮抗薬の血管拡張効果によるものです。顔面の血管が拡張すると顔面での血流量が増加します。これによって顔面が血の赤色が濃く出るようになります。これこそが顔面紅潮メカニズムなのです。ただこの顔面紅潮が悪影響を及ぼすことはありません。血管が拡張され薬がよく効いている証拠ぐらいに思えば大丈夫です。
また血圧治療においては、食事療法も重要です。薬物治療も積極的に行われますが、食事療法も並行して行います。高血圧症でよく行われる食事療法としては減塩食の摂取が挙げられます。血液中のナトリウム量は水分量に比例します。よって食塩摂取量を減らすことによって、体内を循環する血液量も減少し、降圧効果があるのです。ただ利尿剤を降圧治療に使用している場合には低ナトリウム血症を起こすことがあるので、過度な減塩をするのはよくないです。



ページトップへ